【使える?】安いLightning-SDカードリーダーの検証レビュー|iPhone・iPad・スマホ(Android)

Apple非純正の「安い」Lightning-SDカードリーダーが実際に使えるのか?を検証してみました。

この記事では「非Apple純正品」に焦点を合わせて紹介しています。Apple純正品のレビューは別記事で紹介しています。↓【使い方】iPhone用Lightning – SDカードカメラリーダーの活用例|Apple純正モデル|写真データのバックアップにおすすめ

 

まめ吉

Apple純正品は高いよね〜できるだけ安く済ませたい人も多いはず!

 

 

筆者・なお吉の紹介自由研究大好きブロガー。SDカードリーダーの研究にハマってしまい、7種類も買ってしまいました。少し反省しています。。

なお吉

周りの人からは実験ヲタクと呼ばれています。損はないと思うのでフォローお願いします!

 

Apple純正品は高い

iPhone・iPad用のSDカードリーダーには「純正品」がありますが3,000円以上もかかり、そこそこ高額です。できるだけ安いカードリーダーが欲しい人も多いと思います。

必要最低限で充分

価格を考えなければ、安心感から純正品のほうが良質なはずだと思いますが、必要最低限の機能があれば安いもので充分!という方も多いと思います。

Apple純正品との違い

安いカードリーダーと純正品の違いも知りたいという方も多いかと思いますので、ここではその比較も随時紹介します。

結論:安いSDカードリーダーとApple純正品は変わらない!

筆者も驚きましたが、安いSDカードリーダーとApple純正品は、結論変わりがありません。

 

つまり、安くても普通にSDカードリーダーとして使えるという結果になりました。

 

比較対象としたSDカードリーダーや比較した項目を詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

安いSDカードリーダーの紹介

まずは今回、実際に比較検証したSDカードリーダーを紹介します。

おそらく最安値

とにかく安いSDカードリーダーを探索し、見つけ出した商品です。

結果的に充分使えるSDカードリーダーでしたので、安いのが欲しい方はこちらの商品を強くおすすめします。※個々の商品の動作確認は保証できませんのでご了承願います。

多機能モデル

価格は若干上がりますが、多くの機能を備えた安いSDカードリーダーがありましたので、一緒に購入し検証しました。

こちらも普通に使えましたので、iPhoneやiPad以外にも使う必要があるならおすすめです。

Lightningのみならず、USB-CやMicroUSBに対応するモデルです。

安いSDカードリーダーの動作確認|接触は悪い?

動作確認は最も重要なチェック事項ですが、結論、タイムラグなしで、普通に使えました。

 

安いのでダメ元な気持ちがありましたが、普通に使えました。

 

接触も良好です。少なくとも筆者が購入した商品では何の問題もなく利用出来ています。

読み込みも書き出しもできた

動作確認の内容としては、読み込みや書き出し(インポートやエクスポート)がありますが、両方とも問題なく使えました。

安いSDカードリーダーは何GBまで読み込める?|256GBまでは確認済み

SDカードは2TBまで容量がありますが、256GBまでの動作確認をしてみました。その結果が下表です。

GB数 理論上 動作確認済
128MB 対応 確認済
256MB 対応 確認済
512MB 対応 確認済
1GB 対応 確認済
2GB 対応 確認済
4GB 対応 確認済
8GB 対応 確認済
16GB 対応 確認済
32GB 対応 確認済
64GB 対応 確認済
128GB 対応 確認済
256GB 対応 確認済
512GB 対応
1TB 対応
2TB 対応

※2TBのSDカードは実質販売されておりません。

安いSDカードリーダーの懸念点は耐久性?

安いSDカードリーダーはApple純正品と同様の使い心地と表現しましたが、唯一、耐久性は違うかもしれません。

コード部分が柔らかい

安いSDカードリーダーのコードはApple純正品と比較すると柔らかい造りになっています

簡単にいうと、フニャフニャなコードです(Apple純正品は硬めに作られているという表現もできるかと思います)。

コードが柔らかい分、断線が起こる可能性が高まります。コードは10センチくらいなので稀に起こるくらいかと思いますが、Apple純正品とは明らかな違いがあります。

安いSDカードリーダーの転送速度は遅い?

結論、遅くありません。Apple純正品と比べても変わりありませんでした。

転送速度はSDカードの性能による

転送速度を語る際に注意しなければならないことは、転送速度は「SDカードの性能」によって大きく変わるということです。

SDカードリーダーによる影響はわずかにある程度で、大部分はカードリーダーの転送速度に準じた結果になると思います。

よって、転送速度が遅いな〜と感じた場合でも、SDカードリーダーを疑うのではなく、まずはSDカード本体の性能を確認しましょう。

最後の振り返り(目次の再掲)

最後にこの記事の振り返りです。

以上「【使える?】安いLightning-SDカードリーダーの検証レビュー|iPhone・iPad・スマホ(Android)」でした。

購読者へのお願い

まめ吉

他の記事も見てね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です