【決定版】写真・動画のおすすめ保存方法

マイフォトストリームとは?設定事例やどこにもない理由|iCloud・iPhone

マイフォトストリームをわかりやすく紹介します

mamekichi-illustration

自分だけのクラウドアルバムだよ

最初にまとめ、後半で詳細情報をお届けします

マイフォトストリームとは?

Appleが提供するiCloud機能の1つで、自分がログインできるデバイス間で、写真を共有できるデータ共有システム。iCloudの容量は消費しない

複数のデバイスを持つ人におすすめ

iPhone,iPad,MacなどApple製品を複数所有し、いろんなデバイスで写真をみたい人におすすめです。逆に、複数持たない人には不要な機能です

30日間・1,000ファイル・動画は対象外

MAX1,000ファイルとし、30日間分の写真しか保存できません。定量や期間を越えた分は古いものから削除されます。また動画等は対象外です

iPhone等のストレージ容量は消費する

自分のiCloudストレージは消費しないものの、端末のストレージは消費します。1,000ファイル保存されることになるので「1GB程度」消費します

Instagram

目標は「日本一のガジェット研究家」です。気まぐれ投稿になりますがフォローして友達になってください
筆者・なお吉の紹介・自由研究大好きパパ
・生活が充実する情報を発信
・ブログは研究結果の発表の場
・本業はM&Aコンサルティング

データについての関連記事

▼iCloud関連記事
▷基礎編|iCloud共有アルバムとは?
▷応用編|iCloud共有アルバムの活用方法
▷iCloud共有アルバム|容量・どのくらい保存可能?
▷iCloud共有アルバム|ひとりで使う方法
▷iCloud共有アルバム|Androidに共有する方法
▷iCloudマイフォトストリームとは?
▷1分未満|iPhoneの使用容量を今すぐ減らす方法

目次

マイフォトストリームとは|端末間で共有できる自分だけのアルバム

Appleが提供するiCloud機能の1つで、iCloudとしてログインできるデバイス間で、写真を共有できるデータ共有システムです

キーワードはこちら!

  • 自分だけのクラウドアルバム
  • 端末複数台所有者におすすめ
  • 直近30日間分の写真のみ
  • 上限は写真1,000枚
  • iCloudの容量は消費しない
  • 端末の容量を1GB程度消費

マイフォトストリームは端末感で共有できる自分だけのアルバム

マイフォトストリームは、人との共有を目的にしたものではなく「マイ」と名がつく通り、自分だけが見るためのアルバムです

Apple製品は、端末感をシームレスで情報共有できる仕様が有名ですが、まさにそれを実現している機能です

マイフォトストリームはApple製品を複数台所有する人におすすめな機能

マイフォトストリームは、人と共有する機能はなく、自分のアカウント内で共有できるサービスで、複数台所有する人におすすめな機能です

例えばiPhone、iPad、MacBookを所有していた場合、同じアカウントでサインインしていれば、すべての端末で同じ写真を見ることができます


注意点としては、あくまで自分の端末間での共有ですので、家族や友人との共有を考えたい人は、別で紹介する「共有アルバム」をご利用ください

基礎編|iPhoneの共有アルバムとは?iCloud上の無料ストレージ|100万データ(実質3TB)が保存可能 iPhoneの共有アルバムとは?

マイフォトストリームの容量は?直近30日間かつ1,000枚までの写真が対象

マイフォトストリームは、直近30日間の写真のみが対象です。31日目を迎えた写真は、対象から外れます

また、1,000枚までが対象で、1,001枚目は自動的に対象から外れます。1,000枚未満でも30日間を過ぎたら対象外になるで注意しましょう

マイフォトストリームは写真のみが保存対象でビデオ動画は対象外

動画は対象にならず、写真のみが対象になりますので、注意が必要です

また「Live Photos」は対象になりますが、最初のキー写真だけが静止画として保存されます。キー写真を変更しても保存される写真は変わりませんので、知っておきましょう

Live Photosってなに?
少し話はそれますが、iPhoneのおすすめ写真機能の説明をしておきます。普通に写真を撮るだけなのですが、撮影の前後1.5秒を動画として保存してくれる機能です

撮った写真を長押しすると短い動画として見ることができます。1.5秒の中で選べるので「瞬きの瞬間」を避けたりできる便利機能です

マイフォトストリームはWi-Fiに接続されていないと更新されない

Wi-Fi接続時にしか共有されないので注意が必要です。撮影していきなり違う端末で閲覧したい時もWi-Fiに接続している必要があります

マイフォトストリームはバースト写真も対象にすることができる

連写機能をバースト写真と呼びます。選択制で連写した写真も保存対象にすることができますが、1,000枚以上は消えていくので注意が必要です

iCloudの容量は消費しないが、端末の容量は消費する

ストレージを節約したり、データを整理する上での重要になる、マイフォトストリームの保存領域をここで紹介します

マイフォトストリームはiCloudの容量を消費しない

マイフォトストリームはiCloud機能の一部ですが、iCloudの容量を消費しません。iCloudの通常領域とは別に設けられた枠組みにある機能です

iCloudは一般的に5GBまで無料、それ以上の利用は有料と知られていますが、マイフォトストリームはそこに当てはまらない容量になります

iCloudには他にも「共有アルバム」という機能がありますが、実はこの機能もiCloudの容量を消費しません。この2つだけ別腹という概念です

端末の容量は消費する

iCloudの容量は消費しないと紹介しましたが、肝心のiPhoneや iPadの端末の容量は消費しますので、しっかり認識しておきましょう

元データよりも解像度は抑えられるものの、容量を消費する仕組みです。1,000枚の写真分になるので約1GBの容量を消費します

マイフォトストリームをオフにすると端末のストレージが約1GB空く

端末の容量を消費してしまうと説明してきましたが、裏を返せば、マイフォトストリームをオフにすれば約1GBの容量が空くと行くことです

設定をオフにするだけで、ストレージを約1GB空けられる技は他にはないので、裏技として知っておくと便利かと思います【1分未満】iPhoneの使用容量を今すぐ減らす方法|空きを増やしたい!写真・動画・アプリ・データ

iPhoneの空き容量ストレージを増やす 

マイフォトストリームとiCloud写真の違い

マイフォトストリームを深く理解しようとすると「iCloud写真」機能に辿り着くと思いますので、ここではその違いを解説します

項目 iCloud写真 マイフォトストリーム
目的 写真動画の一括管理 写真の自端末間共有
保存場所 iCloud
(通常領域)
iCloud
(非消費領域)
利用者 自分のみ 自分のみ
データの種類 写真・動画 写真のみ
(Live Photosも非対応)
デバイスデータ
との関係性
同期 同期
保存データ形式 元データのまま 最適化サイズ
(元データの約1/10)
容量・価格 〜5GB:無料
〜50GB:月130円
〜200GB:月400円
〜2TB:月1,300円
無料
1,000ファイルまで
直近30日間
※有料プランなし

※ここまで表示されました。

iCloud写真は動画・写真に対応、マイフォトストリームは写真のみが対象

もっともわかりやすい違いから紹介します。iCloud写真は動画・写真の両方が対象ですが、マイフォトストリームは写真のみの対応です

ちなみにマイフォトストリームは、Live Photosも非対応で、 Live Photosで撮影した写真はトップ画が静止画として保存されます。キー写真

マイフォトストリームは「iCloud写真」機能の一部であり、iCloud写真がオンの時は出現しない

実は、マイフォトストリームは「iCloud写真」機能の一部で、iCloud写真を利用している場合(設定をオン)、マイフォトストリームは出現しません

iCloud写真は、すべての写真や動画をiCloud上で管理するサービスですが、マイフォトストリームはその一部という位置付けなのです

マイフォトストリームとiCloud写真はデータの質(画素数)が異なる

マイフォトストリームは無料ということもあり、保存されるデータは、最適化されたサイズのものになります。一方で、iCloud写真は元データです

項目 データの内容
マイフォトストリーム 最適化サイズ
iCloud写真 元データのまま

データによって違いは出ますが、写真は1MB以下のデータ容量にリサイズされます。動画は保存対象外なので気にすることはありません

iPhoneの純正カメラで撮影する場合は、データ容量が1枚あたり通常2〜3MBなので、約30〜50%ほど画質が下がる計算になります

ただ、元々が良過ぎるので、見た目は変わりません。違いがわかる人はあまりいないのではないかと思うくらい差はありません

画質の違いは大事?
見た目が変わらないなら画質なんて気にすることないと思う人も多いかと思います(筆者も同じ)が、違いが目に見えてでる瞬間があります

それは、写真としてプリントアウトする場合です。モニターやディスプレイでは違いはないのに、現像すると明らかな違いがでます

もし写真としてプリントアウトする予定なら、できるだけ元データのまま取り扱うことをおすすめします

Q&A|マイフォトストリームに関する質問

マイフォトストリームをオフにするとどうなる?消える?デメリットや注意点を解説

iCloud上にデータは残るので他の端末では見れる

マイフォトストリームをオフにすると、その端末からデータは消えますが(元データは残ります)、iCloud上のデータは残ります

なので、他の端末でマイフォトストリームをオンにしていれば、その端末では見ることができます

ポイント
マイフォトストリームのオンオフは、その端末でのオンオフであり、iCloud上でのオンオフではありません

そのため、他の端末でオンにすれば、見ることができるという仕組みになっています

端末の容量が1GBほど空く

マイフォトストリームをオフにすると、その端末では閲覧できなくなりますが、一方で、端末の空き容量が約1GB増えます

マイフォトストリームが同期されない時の対処法|Mac・iPad・iPhone

すぐには同期されない

撮影後すぐに共有したい場合もあるかと思いますが、ネット接続そしてアップロードの時間が必要なため、すぐには同期されません

その観点からネットに接続されているか、電波のいいところにいるかの確認をしましょう

充電しながら待つ

充電を開始した途端、同期が始めるケースも報告されており、すぐに同期したい場合は充電することをおすすめします。MacやiPadも同様です

 

最後に振り返り(目次の再掲)

以上「基礎編|マイフォトストリームとは?設定事例やどこにもない理由|iCloud・iPhone」でした。

 

購読者へのお願い

まめ吉

他の記事も見ていってね〜

データについての関連記事

▼おすすめ外付けHDD
▷初心者向け|安くてシンプル機能なHDD
▷おもいでばこ|TVで見れるPC不要なHDD
▷スマホ用HDD|PC不要で直接保存できるHDD

▼iCloud関連記事
▷基礎編|iCloud共有アルバムとは?
▷応用編|iCloud共有アルバムの活用方法
▷iCloud共有アルバム|容量・どのくらい保存可能?
▷iCloud共有アルバム|ひとりで使う方法
▷iCloud共有アルバム|Androidに共有する方法
▷iCloudマイフォトストリームとは?
▷1分未満|iPhoneの使用容量を今すぐ減らす方法
▼クラウド関連記事
▷比較|Amazonフォト・Googleフォト
▷比較|クラウド保存・HDD/SSD保存
▷写真のクラウド保存|総合おすすめ
▷写真のクラウド保存|無料プランのおすすめ
▷Amazonフォトがおすすめな理由
▼外付けHDD関連記事
▷初心者向け|安くてシンプル機能なHDD
▷おもいでばこ|TVで見れるPC不要なHDD
▷スマホ用HDD|PC不要で直接保存できるHDD
▼SDカード関連記事
▷SDカードの寿命は何年?
▷安いLightning-SDカードリーダー
▷純正Lightning – SDカードリーダー
▷自動バックアップSDカード|Qubiiの使い方
▷自動バックアップSDカード|Qubiiの種類比較
▼裏技集
▷iPhoneの容量をすぐに空ける方法
▷写真動画データを圧縮・軽くする方法
▷小さい容量で撮影する方法・設定

オーダーメイド提案

個別提案を受けたい方はこちら!個別質問が多いので、ココナラで個別提案はじめました!
写真データの整理方法について個別提案します 。オーダーメイドであなたの最適解をご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です