【使い方】iPhone用Lightning – SDカードカメラリーダーの活用例|Apple純正モデル|写真データのバックアップにおすすめ

iPhone用の「Apple純正」SDカードカメラリーダーの使い方や活用例を紹介します。

この記事では「Apple純正品」に焦点を合わせて紹介しています。非純正品や安いモデルのレビューは別記事で紹介しています。【使える?】安いLightning-SDカードリーダーの検証レビュー|iPhone・iPad・スマホ(Android)

 

まめ吉

USB-Cポートではなく、Lightningポートの紹介だよ

 

 

筆者の紹介自由研究大好きブロガーです。SDカードリーダーの研究にハマってしまい、7種類も買ってしまいました。少し反省しています。。

なお吉

周りの人からは実験ヲタクと呼ばれています。損はないと思うのでフォローお願いします!

 

SDカードの実用性に再注目

近年、データの保存方法が再注目されていますが、中でも「SDカード」でのバックアップに注目が集まっています。

iPhoneはSDカード差込口がない

SDカードの差込口がiPhoneにはないことは有名かと思います。SDカードの需要が高まるとともにカードリーダーの需要も高まっています。

不良品が多いジャンル

実はSDカードリーダーは精密機器にもかかわらず、1,000円代で買えます。驚きの価格ですが、驚きの分、不良品も多いのが事実です。


SDカードリーダーは他にも種類があるかと思いますが、他の記事でレビューしていますので合わせて見てくれたら嬉しいです。【コスパ比較】iPhoneやスマホの写真/動画をSDカードに移動・バックアップおすすめ方法|簡単で安いのは?もっと掘り下げた記事です↓【使い方】iPhone用Lightning – SDカードカメラリーダーの活用例|Apple純正モデル|写真データのバックアップにおすすめ【大好評】Qubiiの使い方|機能レビュー|おすすめ設定|スマホの写真や動画の整理やバックアップ|microSDカードに自動保存【使える?】安いLightning-SDカードリーダーの検証レビュー|iPhone・iPad・スマホ(Android)

Apple純正「iPhone用」Lightning-SDカードカメラリーダーの概要・価格・できる事

SDカードは途中までしか入りません。

まず初めに概要です。

概要・価格・重さ・長さ

項目 概要
正式名称 Lightning – SDカードカメラリーダー
価格 3,850円(税込)
重さ 16.5g
長さ 13cm × 3.1cm × 0.8cm
発売日 2015年12月10日(初代モデル)
システム条件 iOS 9以降を搭載したiPhone、iPad、iPod touch
対応フォーマット 暗号化されてないAPFS、暗号化されていないHFS Plus、FAT、exFAT *1

*1:一般的な使い方をしていれば大抵の場合は利用可能です。

Amazonや楽天、Yahooショッピングでも購入できます。

注意
純正品でも「端子の種類違い」や「パッケージまでソックリな類似品」があるので購入の際は気をつけましょう

できる事

データのインポートもエクスポートもできます。

Apple純正「iPhone用」Lightning-SDカードカメラリーダーの対応するSDカードの種類

対応するSDカードは、SDカードのみです。ただし、別途アダプターを購入すれば、MicroSDカードもminiSDカードも対応可能です。

参考:簡易版SDカードの種類

別途購入:mini SDカード用アダプター

別途購入:Micro SDカード用アダプター

Apple純正「iPhone用」Lightning-SDカードカメラリーダーの対応するSDカードの容量

理論上、すべての容量に対応しています。実際に使えるかを筆者が所有しているSDカードで動作確認してみました。

GB数 理論上 動作確認済
128MB 対応 確認済
256MB 対応 確認済
512MB 対応 確認済
1GB 対応 確認済
2GB 対応 確認済
4GB 対応 確認済
8GB 対応 確認済
16GB 対応 確認済
32GB 対応 確認済
64GB 対応 確認済
128GB 対応 確認済
256GB 対応 確認済
512GB 対応
1TB 対応
2TB 対応

ごめんなさい!お金に余裕がなく512GB、1TBは動作確認できておりません。ちなみに2TBのSDカードは実質販売されておりません。

2008年当時の128MBも利用できました

128MBなどの少量容量はMBは、現に使っている人は少ないものの、以前使っていて、家で眠っている人も多いかと思いますので、念のため記載しました。

Apple純正「iPhone用」Lightning-SDカードカメラリーダーの使い方

SDカードリーダーの使い方を紹介します。非常に簡単です。

SDカードに「エクスポート」する方法(≒iPhoneから出す)

STEP.1
接続セッティング
SDカード、カードリーダー、iPhoneを接続させます。Micro SDの場合はアダプターを付けてください。接続したからといって音やポップアップは出てきません。合図がないのでやや不安かと思いますが、接続されたか知る方法はあります。 
STEP.2
接続確認
 上の写真にもある通り「ファイル」のアプリを開いてください。ファイルアプリがない場合は「App Atore」でインストールしてください。接続されたかは「ブラウズ」のトップ画面で「Untitled*1」というフォルダがあるかないかで判断できます。認識は1秒ほどでされます。 

⬆︎タップすると表示されます。
STEP.3
該当アプリを開く
一度「ファイル」アプリは忘れ、今度はエクスポートしたいアプリ、そしてファイルを開き、各種の設定画面に進んでください。そして「ファイルに保存」を選んでください。どこにボタンがあるかはアプリによって異なります。もしないならそれはエクスポートできないファイル、もしくはiPhone端末上にないファイルの可能性があります。 
STEP.4
保存先を選ぶ
最初に確認した「Untitled*1」フォルダまで進んでください。その先はファイル構成・階層が選べますので、お好みの構成にしてください。例えば「月ごと」にフォルダを作成し管理することも可能です。 

⬆︎タップすると表示されます。
STEP.5
ファイルアプリで確認
最後に最初に見たファイルアプリで、エクスポートができているか確認しましょう。確認できたら、アプリを終了させてSDカードを抜き取って終了です。 
*1:名前が違う場合がありますので、わかりにくい場合はSDカードを「抜いたり入れたり」して確認してください。

 

SDカードに「インポート」する方法(≒iPhoneに取り込む)

STEP.1
接続セッティング
SDカード、カードリーダー、iPhoneを接続させます。Micro SDの場合はアダプターを付けてください。接続したからといって音やポップアップは出てきません。合図がないのでやや不安かと思いますが、接続されたか知る方法はあります。 
STEP.2
接続確認
 上の写真にもある通り「ファイル」のアプリを開いてください。ファイルアプリがない場合は「App Atore」でインストールしてください。接続されたかは「ブラウズ」のトップ画面で「Untitled*1」というフォルダがあるかないかで判断できます。*1:名前が違う場合がありますので、わかりにくい場合はSDカードを「抜いたり入れたり」して確認してください。認識は「秒」でされます。 
STEP.3
該当アプリを開く
一度「ファイル」アプリは忘れ、今度は取り込みたいアプリ、ファイルを開き、各種の設定画面に進んでください。例えば写真の場合、写真アプリ開いてください。すると見慣れないボタンが右下に出てくるはずなので、そこからインポートしたい写真や動画を選び、取り込んでください。ちなみにiPhoneから取り込んだ写真や動画はここには表示されませんのでご注意ください。 

⬆︎タップすると表示されます。
STEP.4
該当アプリで確認
最後にSDカードを抜き取った状態でインポートしたファイルが確認できれば終了です。 

Apple純正「iPhone用」Lightning-SDカードカメラリーダーの活用事例

SDカードリーダーの活用例をいくつか紹介します。

活用例①SDカードに写真をバックアップする

iPhoneの写真や動画をSDカードに長期保存やバックアップする方法があるかと思いますが、その一役を担います。筆者も利用していますが、利用上のポイントがあるので紹介します。

ポイント1:SDカードを分けてリスク分散

SDカードに写真や動画を保存する際は、SDカードを期間を区切って使用することをおすすめします。撮影する写真の品質や撮る枚数によって異なりますが、筆者の場合は「1年に1枚(128GB)」の容量で対応しています。データ消失のリスクも含め、分けることが大事です。

ポイント2:期間を区切ってこまめに保存

SDカードへ移動する際にかかる時間は当然、移す量に比例します。期間を開けると何時間もかかる場合がありますので、こまめな保存をおすすめします。筆者の場合、1ヶ月に1度のペースでバックアップしています。月単位のけじめもできて、生活ルーティーンになっています。

活用例②別のカメラデータをiPhoneで見る・保存する

今度はiPhoneへのインポートです。説明書が不要なくらい簡単にできます。ポイントを紹介します。

ポイント1:SNSへアップロード

iPhoneのカメラは年々綺麗になっていますが、それでも一眼レフカメラなどで撮る写真は格別なものになることが多いかと思います。それらの写真をSNSにアップしたいと思う方も多いのではないかと思います。

昨今、カメラからいきなりiPhoneにWi-fiやBluetoothを通して送る技術がありますが、接続が目に見えないせいか、毛嫌いする人もおり、確実に繋がるカードリーダーを好まれる方も多いのは実情です。

ポイント2:PC不要でバックアップ

RAWデータの状態で取り込めるので、情報が削られることなくバックアップすることができ、全てのユーザーに適した状態でインポートできます。時にパソコンが不要で、撮った次の瞬間からバックアップ可能なので、重宝している人も多いとのことです。

 

Apple純正「iPhone用」Lightning-SDカードカメラリーダーで出来ないこと

最後にできないことも紹介します。できないことと表現すると無限にあるので「出来そうでできない事」を紹介します。

Live Photo(ライブフォト)モードで撮った写真の移動ができない

地味に痛いのですが、iPhoneのカメラ設定の一つであるLive Photoモードで撮った写真は保存できません。

Live Photoとは
iPhoneの撮影モードの1つで、写真ではあるものの、撮影の前後1.5秒を動画で保存できる機能。撮った写真を長押しすると3秒の動画として見られます。瞬きなどのタイミングのズレを修正できることが特徴。

超便利なので多用している人も多いLive Photo機能ですが、そのままSDカードに移動はできません(2021年現在)。

Live PhotoをSDカードに移動する方法

大正解な答えとはなりませんが、Live PhotoをSDカードに移動する方法を紹介します。

答えは、Live Photo写真を「動画に変換する」です。

残念ながら作業も地味で結構大変です。操作方法は、Live Photo写真を「選択」し「ビデオとして保存」ボタンを押すとできます。ビデオ通話して保存すると、その名の通り3秒のの動画として保存されます。

なお、複数の写真を選択し、ビデオとして保存した場合「全部繋がった動画」になってしまうので、一括ではできませんので注意が必要です。

ただ一方で、全部Live Photoである必要性も見直す機会でもあるかと思います。

筆者も実際に一枚一枚ビデオとして保存していく作業をしていましたが、作業の中で「ピントが合っていれば良くない?」と思われる写真がほとんどでした。

子供が遊ぶ写真など「動きがある」あるものは必要あるかもしれませんが、風景などは動いている必要はあまりないと思いました。※ここまで表示されました。

⬆︎タップすると表示されます。

SDカード内の容量の残量がわからない

これはけっこう重症なことです。SDカードをどのくらい使っているかをiPhone上ではどうも確認できないようです。

最後の振り返り(目次の再掲)

最後にこの記事の振り返りです。

以上「【使い方】iPhone用Lightning – SDカードカメラリーダーの活用例|Apple純正モデル|写真データのバックアップにおすすめ」でした。

購読者へのお願い

まめ吉

他の記事も見てね〜!