【本音レビュ】のぞき見防止つきのiPhoneケースは、コスパ最強でおすすめ。ただ、、

ようこそ!iPhoneユーザーはみんな親戚だと思っているまめ吉(@mamekichi)です。

今回は、のぞき見防止フィルムケースが一体化したiPhoneケースを紹介します。すでに存在する2つ機能を組み合わせることによって、新しい価値を創造したという商品の紹介です。筆者は、iPhone 11Proを普段使用しており、今回は11Pro用のケースを実際に使ってみて感じた事やメリット・デメリットを紹介してまいります。

11Pro以外の各世代のiPhoneもそれぞれ紹介しますが、ここで紹介する選ぶ際のポイントをしっかり押さえておけば失敗しないと思いますので、選び方だけでも覚えておいて欲しいです。

目次だけで、内容がわかるように工夫しています。タップするとジャンプするよ。

iPhoneの覗き見防止付きケースのメリット

フィルム付きケースを使ったことがある人は少ないと思うので、まずは、実際に使ってみた上で感じた良かった点をメリットとして紹介していきます。

まめ吉が使ったモデル
まめ吉は「iPhone 11 Pro」の覗き見防止フィルム付きケースを使用しています。▷商品リンク

覗き見防止付きケースは結果的に安い

メリットとしての最大の特徴は、安いことです。普通のケースと同じくらいの価格なので、フィムル分の費用が浮く感覚です。覗き見防止付きフィルムとケースは絶対買う!という人には抜群におすすめの商品です。商品によりますが1,000〜2,000円は安く済ませそうです。

覗き見防止付きケースは取り付けが簡単

やっぱりそうだっか〜と思ったことですが、取り付けが超超超簡単です。だってフィルム貼らなくていいんですもん。なんなら、失敗なんて起こり得ませんもの。

ケースがぴったりサイズになっているので、裏面と表面をカチッと合わせるだです。

傷が少ない良質な状態に保てる

使ってみてわかった事ですが、フィルムやケースを単独で合わせて使うよりも良い状態を保つことができます。理由を考察してみましたが、やはり背面も含め全体を覆うことが一体となっているからだと思われます。ケースとフィルムを個別に使う場合ですと、どうしてもどちらかがないケースが出てくると思います。

例えば、買った当初、ケースは揃えたけどフィルムはまだない。もしくは、フィルムは揃えたけどケースはまだ届かない。といったケースはよくあると思います。そうなると、その期間に傷がついてしまい、保護を始める前に傷がついてしまう事になるというわけです。

iPhoneの覗き見防止付きケースのデメリット

悪かった点もありますので、デメリットとして報告しますね。

画面タッチの接触が悪い時が稀にある

おそらく今後も最大の欠点となると思いますが、画面タッチの反応が悪い時があります。悪い「時」があるわけで、常に悪いわけではないので、そこは少し誤解に注意です。

反応が悪い理由は簡単で、画面とフィルムが貼り付けられていないためです。想像すれば分かると思いますが、フィルム付きケースは画面と「密着」しているまでに過ぎません。張り付いているわけではないのです。なので、何かの拍子で画面とフィルムの間に空気が入ると、反応が悪くなるのです。

おそらく設計側もそんな状況は予測済みで、よりケースとiPhoneが密着する設計になっていると思いますが、極たまに空気が入ってしまうのだと思います。

対策としては、2つあると考えていて、ケースを付ける際に必要以上に拭いてから付けることかなと思います。また、ケースを開けたり閉めたりしない事をお勧めします。これ、結構やっちゃうんですが、新しいケースになって嬉しくなってイジリ倒しちゃうんですよね〜。

ケースを外したら素のiPhoneむき出しになる

当たり前の話ですが、ケースから外したら、むき出しのiPhoneになり傷が付くリスクが急に上がります。

極力外さないようにしましょう、もしくは外す際は極めて慎重に取り扱いましょう。

交換するときは費用がかさむ

フィルムとケースが一体となってしまっているので、どちらかが気に食わず、交換しようとした場合、ケースもフィルムも新たに買わないといけない事態になります。

どうしてもフィルムが合わない。。どうしてもケースが気に入らないということもあるかもしれません。その際は両方刷新することはやむを得ないと思います。

デメリットは以上です。

覗き見防止つきケースの選び方

以上のメリット・デメリットを踏まえて、覗き見防止フィルムの選び方を解説します。

ここでは「iPhone 11 Pro」のケースを紹介しますが、選び方をしっかり抑えておけば、どの世代のiPhoneでも失敗しない選び方ができると思いますので、しっかりチェックしましょう。

  • 見やすさ
  • 密着度
  • 磁力の強さ
  • 価格

見やすさ

見づらいとすぐに外したくなってしまい、買った意味がなくなるので1番大事にしたいポイントです。購入前に確認することは難しいと思うので、レビュー記事や口コミ情報をしっかり確認しておきましょう。良いレビューではなく、悪いレビューを確認することをおすすめします。

密着度

フィルム付きケースの場合、普通のフィルムとは違い、フィルムは画面に張り付いているわけではなく、密着しているだけの場合が多いです。密着度が弱いと隙間ができてしまい画面のタッチ反応が悪くなってしまうと考えられます。レビュー記事や口コミ情報をしっかり確認しておきましょう。

磁力の強さ

フィルム付きケースは、一つ上で述べたように「密着度」が求められるため、磁力でケースが固定される事が多く、磁力の強さも大事です。磁力が弱いとディスプレイとフィルムの間に隙間ができやすくなります。また、弱いと簡単に外れてしまい、飛び出たiPhoneが大惨事に遭います。こちらも、レビュー記事や口コミ情報をしっかり確認しておきましょう。

価格

二つ買う必要があったものを一つ済ませられるため、安い事をメリットとして選ぶ人も多いと思います。選ぶのに夢中で、高めの商品を選んでは、元も子もありません。冷静に価格は見極めたいものです。

 

覗き見防止つきケースの紹介

まだまだフィルム付きケースの品数は少ないのですが、その中でも筆者が厳選して実際に買ってみたフィルム付きケースを紹介します。

ちなみに筆者は記事更新時点ではiPhone 11 Proをメインで使っており、下記のフィルム付きケースを使っております。

どのポイントにおいても申し分ない商品でしたので、もし「11Pro」をお使いで、購入を検討したいという方には迷わずおすすめです。色だけは迷うと思いますけどw。

いよいよ、ここからは世代ごとに、実際のフィルム付きケースを紹介していきます。

先にも述べましたが、筆者はiPhone11Proで使用しており、日常で実際に使用する中で気付いた細かいポイントを説明しますので、ほかのモデルを使っている方もぜひ参考にしてもらえれば嬉しいです。

iPhone11Pro(Max)用のおすすめ「覗き見防止フィルム付きケース」

上記の商品が、まめ吉が実際に使っているケースです。写真付きレビューとして紹介していきます。

見やすさ

写真の通り、多少見えづらくはなりますが、許容範囲だと思います。まめ吉は、これまでたくさんの覗き見防止フィルムを利用してきましたが、平均並みの見やすさだと思います。

角度をつけて覗くと見えなくなることもしっかり確認できました。ちなみに、この覗き見防止機能は180度(左右)からの視線をブロックするもので、上下対応ではありません。

密着度

写真で見てわかるものではありませんが、半分だけ装着した時の写真を掲載しておきます。感触としては、さすがにフィルム機能も併せているので、密着度は高いです。

内側にゴムがついていてブレルことはほぼありません。

磁力の強さ

このケースの固定方法は、磁石のみで、強い磁力であることが確認できました。写真の通り片側に8個の磁石がついており、落として地面にぶつけるなど、かなり強い衝撃を与えない限りは外れないと思います。実際に使ってて外れたことはありません。

価格

ケースとフィルムをそれぞれ買うと一般的には、3,000円は超えると思いますが、この商品は2,000円以下で買えたので、納得感は得られると思います。

良くないこと

良いことだけ良いても、信ぴょう性の低い記事になってしまうと思うので、気になる点も報告します。デメリットの章でも書きましたが、タッチの反応が悪い時があり、そこは若干ストレスに感じます。特に、画面の端側の反応が気になりました。おそらく画面中央はピタッとくっ付いているのだと思いますが、端の方は時折空気が入ってしまうのだと思われます。あとは、若干アルミバンパーが厚いことが気になりました。フィルム付きケースということもあり、普通のケースよりも大きめなのかもしれません。ただ、その反面丈夫なんだと思います。

そのほかのコメント

ケースとしてはアルミバンパーが採用されており、電波状況が気になるところですが、電波に影響する部分はカットされているので、電波も問題なく入ります。と言うか、電波に関し一切気になりません。電源や音量の物理ボタンも問題なく反応します。強く押さないといけないとかはありませんでした。ストラップが付けられます。正面に対し右下にストラップが付けられます。まめ吉は使っていませんが、磁石だけで固定されているだけなので、外れないか少し心配です。でもそれほど磁石が強いってことの証明でもありそうですね。磁石が弱買ったらストラップなんてつけられないですもんね。裏面にもガラスフィルムがつくので地味にありがたい。裏面の保護フィルムも欲しいけど、そこまで費用はかけられないことも多いと思いますが、この商品はしっかり覆ってくれるので、非常にありがたいですね。前面カメラの邪魔もしない。写真を見ていただければと思いますが、前面カメラ及びセンサー部分にはしっかり加工がされていて、邪魔しない仕様になっています。

商品レビューは以上です。

iPhone11用のおすすめ「覗き見防止フィルム付きケース」

iPhone11用の商品も紹介したいと思いますが、上で紹介した商品にiPhone11用もありましたので、同じ商品をおすすめします。

iPhoneSE(第2世代)用のおすすめ「覗き見防止フィルム付きケース」

まめ吉は使ったわけではありませんが、選ぶなら絶対にこのフィルムです。上で紹介した選ぶポイントを確認したところ、概ね納得感のある商品だと思います。一方で、この商品は大丈夫ですが、口コミが多い割に低評価が非常に多いケースも散見されたので、間違えないよう注意しましょう。

ちなみに下に続きますが、iPhoneSE2とiPhone8とiPhone7はサイズが一緒です。

iPhone8用のおすすめ「覗き見防止フィルム付きケース」

まめ吉は使ったわけではありませんが、選ぶなら絶対にこのフィルムです。上で紹介した選ぶポイントを確認したところ、概ね納得感のある商品だと思います。一方で、この商品は大丈夫ですが、口コミが多い割に低評価が非常に多いケースも散見されたので、間違えないよう注意しましょう。

ちなみに下に続きますが、iPhoneSE2とiPhone8とiPhone7はサイズが一緒です。

iPhone7用のおすすめ「覗き見防止フィルム付きケース」

まめ吉は使ったわけではありませんが、選ぶなら絶対にこのフィルムです。上で紹介した選ぶポイントを確認したところ、概ね納得感のある商品だと思います。一方で、この商品は大丈夫ですが、口コミが多い割に低評価が非常に多いケースも散見されたので、間違えないよう注意しましょう。

ちなみに、iPhoneSE2とiPhone8とiPhone7はサイズが一緒です。

以上で終わりです。

以上「【本音レビュ】覗き見防止機能つきのiPhoneケースは、コスパ最強でおすすめ。ただ、、」でした。

豆吉

また豆吉に会いに来てね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です