【全品レビュ】100均ダイソーのLED電球おすすめの種類と比較【E26・E17・フィラメント】

こんにちは、電球が大好きなまめ吉(@mamekichi)です。

今回は100均のダイソーで販売されているLED電球の紹介をします。全種類買ったので、E26、E17、フィラメント型に分けて紹介します。正直、コスパが良過ぎです。

結論を言ってしまうと、ダイソーのLED電球は普通に「買い」です。たぶん、一度使ってしまうと他社製は使えなくなると思います。その理由を写真多めで紹介します。

まめ吉

チラつきがあるのか気になる人もいるみたいだけど、全品全くなかったよ

 

ちなみに、この記事の更新日現在、一般家庭用サイズ「E26・E17」のLED電球を販売している100均ショップはダイソーだけですので、LED電球をお求めの方はダイソー「DAISO」に駆け込みましょう!!

ダイソー製LED電球の「種類・質・価格」

まず、商品紹介の前に抑えておきたいのが、ダイソーLED電球の種類・質と価格です。

ちょっと残念ですが、ダイソーのLED電球は100円の商品だけではありません。150円、300円、400円、500円で販売されているのも多いです。ただ、逆にそこに”質の高さ”が裏付けられていると筆者は考えます。(※価格は税抜き、以後同じ)。

これまで何人かのバイヤー(仕入れ担当)の方の話を伺ってきましたが、ダイソーさんの力なら、おそらく100円で売れるLED電球を仕入れることができると思います。それでも、150円とか300円で販売している事を鑑みると質を求めた商品選びをしている事が伺えます。

種類は、以下の通りで、自分好みのLED電球を探し求められそうな豊富な品揃えです。※よく利用される順で表記しています。

  • 価格 :100/150/300/400/500円
  • 明るさ:60W相当/40W相当
  • 色  :電球色/昼白色
  • 口金 :E26/E17
  • 寿命 :40,000時間/15,000時間
  • 形状 :一般型/フィラメント型

【E26口金】の100均ダイソーLED電球

2020年の最新のE26口金全ラインナップ

はじめに、E26口金のLED電球の紹介です。E26タイプは、日本の家庭で最も使用されている電球の口金サイズです。たいていのトイレや玄関はこのサイズです。

関連記事
【超簡単】E26とE17電球の違いと「計測不要」で見分ける方法はこちら

そして、E26口金LED電球を分類すると色「昼白色/電球色(普通型)/電球色(フィラメント型)」、明るさ「60W/40W」に分けられます。※よく利用される順で表記しています。

  • 明るさ:60W相当/40W相当
  • 色  :電球色/昼白色
  • 寿命 :40,000時間/15,000時間
  • 形状 :一般型/フィラメント型

明るさ「60W相当」のE26口金LED電球

60W相当のLED電球には、色:電球色/昼白色、寿命:40,000時間/15,000時間の種類があります。ポイントは寿命で、利用する場所で相応しいものを選べるようおすすめを紹介します。

▼ 60W相当の色は電球色と昼白色の2種類【E26口金】

色は2種類で、いわゆる黄色と白色です。お好みの色を選ぶだけです。

左:電球色、右:昼白色

違いは明らかですね

▼ 60W相当の寿命は40,000時間と15,000時間の2種類【E26口金】

寿命40,000時間は300円で、寿命15,000時間は150円で価格に差があり、ここでは選び方を紹介します。ちなみに消費電力は と差がほぼ無いので、ここでは比較の対象外としています。

40,000時間タイプは1円あたり133時間、15,000円タイプは1円あたり100時間で、コスパだけ見れば、40,000時間タイプが第一選択肢ではありますが、技術革新が激しいこの世の中では、使い切る前にもっとコスパの良い商品が発売されることも十分あり得るので長く使えれば良いというものでもないのだと筆者は考えます。

以上の観点から、トイレや玄関、クローゼット(物置)では、日常の中で点灯時間が短いので、寿命15,000時間タイプを選び、リビングや常時灯として使う場合には寿命40,000時間タイプを選ぶことがベスト選択かと思います。

寿命 1円あたりのコスパ 利用オススメ場所
40,000時間 133時間 リビングや常時灯など
15,000時間 100時間 トイレ・玄関・クローゼットなど

▼ 60W相当の形状は「一般型」の1種類のみ【E26口金】

記事更新時では、60W相当には「フィラメント型」LED電球はありません。以前は取り扱いがあったのですがなくなってしまったようです。筆者としてはどうしても欲しかったのですが、ダイソーの仕入れ担当者に確認した話なので、さすがに諦めました。

▼ 60W相当の40Wとの明るさの違い【E26口金】

明るさの違いとしては、E26口金タイプでは、2種類ありますが、その違いを写真で比較したいと思います。以下の通りです。

左:60W /400円、右:40W /300円

左写真の方が影の輪郭がハッキリしていることがわかる

写真だとわずかに違いがあるようにしか見えないと思いますが、体験してみると違いはしっかり感じることができます。可能な限り明るくしたい場合は60W相当を、トイレなど明るさを求めない場所では40W相当を選ぶことをオススメします。

▼ 60W相当には調光器対応もある【E26口金】

次で紹介する40W相当にはないのですが、60W相当には調光器対応の商品もあります。ただし、高度な機能のためか、値段は500円します。

調光器対応とは、明るさを調節できる電球のことで、上の写真のような強弱の調整が可能な「スイッチ」が別途必要なものをいい、よくみるスイッチでは利用できませんので注意しましょう。

明るさ「40W相当」のE26口金LED電球

40W相当のLED電球には、色:電球色/昼白色、寿命:40,000時間/15,000時間、形状:一般型/フィラメント型の種類があります。ポイントはフィラメント型で、おしゃれに関心のある人にはオススメしたいです。色や寿命は、すぐ上で説明した60W相当と全く同じなので割愛します。

▼ 形状は「フィラメント型」と「一般型」の2種類

40W相当の最大の特徴は、フィラメント型のLED電球があることです。見た目の違いがほとんどなので、写真で紹介します。

フィラメント型LED電球の特徴は、何と言ってもおしゃれなところです。発明家エジソンが発明したフィラメント電球のLED版です。これが300円で売っているのでホント衝撃です。ただ、フィラメントLED電球は基本的に「暗い」のも特徴で、明るいものをお探しの方は下記の記事も参考にしてみてください。 【見比べ】明るいエジソン型フィラメントLED電球はリビングにおすすめ!おしゃれ照明の選び方【E26厳選】

▼ フィラメント型40W相当の一般型40W相当との明るさの違い【E26口金】

同じ40Wでもフィラメント型と一般型で明るさの違いが気になる方もいるかと思いますので、ここで写真を用いて比較したいと思います。

左がフィラメント型、右が一般型

若干フィラメント型(左写真)の方が暗い?

【E17口金】の100均ダイソーLED電球

2020年の最新のE17口金全ラインナップ

続いて、E17口金のLED電球の紹介です。E17タイプは、E26に続いて2番目に日本で使用されている電球の口金サイズです。少し前に建てられた家の電球はこのサイズです。

関連記事
【超簡単】E26とE17電球の違いと「計測不要」で見分ける方法はこちら

そして、E17口金LED電球を分類すると色「昼白色/電球色」、明るさ「60W/40W」に分けられます。さらに電球色は、フィラメントタイプもあり、クリア型/フロスト型もあります。

  • 明るさ:60W相当/40W相当
  • 色  :電球色/昼白色
  • 形状 :フィラメント型(クリア/フロスト)

※寿命は全て40,000時間です。

明るさ「60W相当」のE17口金LED電球

60W相当のLED電球には、色:電球色/昼白色の種類があります。寿命はどちらも40,000時間、価格は400円であり、単純に好きな色を選びましょう。実際に使用した時の写真は以下の通りです。ぜひ参考にしてみてください。

▼ 60W相当の色は電球色と昼白色の2種類【E17口金】

▼ 60W相当の形状は「一般型」の1種類のみ【E17口金】

記事更新時では、60W相当には「フィラメント型」LED電球はありません。以前は取り扱いがあったのですがなくなってしまったようです。筆者としてはどうしても欲しかったのですが、ダイソーの仕入れ担当者に確認した話なので、さすがに諦めました。※40W相当にはフィラメント型があり、さらにクリアタイプとフロストタイプが存在します。

▼ 60W相当の40Wとの明るさの違い【E17口金】

明るさの違いとしては、E17口金タイプでは、2種類ありますが、その違いを写真で比較したいと思います。以下の通りです。最大の違いは60W相当は400円であるのに対し、40W相当は200円と倍の差があることです。どのくらいの明るさが必要なのか見極めて最高のコスパを実現したいものです。

左が60W/400円、右が40W/200円

左の60W相当の方が明るいことがわかる

写真だとわずかに違いがあるようにしか見えないと思いますが、体験してみると違いはしっかり感じることができます。可能な限り明るくしたい場合は60W相当を、トイレなど明るさを求めない場所では40W相当を選ぶことをオススメします。

明るさ「40W相当」のE17口金LED電球

E17の40W相当は全4種類

40W相当のLED電球には、色:電球色/昼白色の種類があります。さらに、電球色は、フィラメントタイプもあり、クリア型/フロスト型も選ぶことができます。また、寿命はどちらも40,000時間であり、単純に好きな色を選びましょう。実際に使用した時の写真は以下の通りです。ぜひ参考にしてみてください。

▼ 40W相当の色は電球色と昼白色の2種類【E17口金】

部屋模様は省略します。二つ上で紹介した60W相当の部屋模様を参考にしてください。

▼ 40W相当はフィラメント型がありクリア/フロストの2種類【E17口金】

40W相当に限ったことですが、40W相当にはフィラメント型があり、さらにクリアタイプとフロストタイプの2種類が存在します。これも写真で見た方がわかりやすいので、下の写真をぜひとも参考にしていただければ幸いです。

左がフィラメント(クリア)、右がフィラメント(フロスト)

左のフィラメント(クリア)の方が明るい?

以上で、全商品の紹介が終わりました。いかがでしたでしょうか?チラつきが発生することもなく、どの商品もかなりおすすめです。ご自宅の白熱電球が切れた際には、検討してみてはいかがでしょうか?

以上、「【【全品レビュ】100均ダイソーのLED電球おすすめの種類と比較【E26・E17・フィラメント】」でした。

まめ吉

また会いに来てね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です