【口コミ】ビサラのデメリット・買って後悔する人

初の家庭用スタンド式ドライヤー「ビサラ」のデメリットを紹介します。

メリットが目立つ商品ですが、デメリットもしっかり把握して購入を検討しましょう!

 

筆者・なお吉の紹介年間100アイテムは購入するガジェット研究員。なんでも買って試してみないと気が済まないタイプ。

なお吉

周囲からは実験ヲタクと呼ばれています。損はないと思うので是非フォローお願いします!

概要|ビサラ/BISARAとは?

BISARAについて、おさらいです。

BISARAは、家庭用のスタンド式ハンズフリードライヤーです。
詳しくは下記の記事を参照ください。
【BISARA】ビサラの実機レビュー|スタンド式ドライヤー|おすすめは座って髪を乾かしたい人

ビサラ/BISARAとは?

ビサラのデメリット

ビサラのデメリットをリストにしました。1つ1つ解説していきます。

  • 価格が高い
  • 粗大ゴミに該当
  • 風向きの自由度が低い
  • 置き場にスペースが必要
  • コンセントの位置に依存する
  • 倒れると故障する可能性が高い
  • 寝ながら(低い所)の送風はできない

デメリット|価格が高い

購入を最も躊躇ってしまうのが、この価格かと思います。3万円近くの金額をドライヤーに掛けるのには、やはりそれなりの覚悟がいりますよね。

ドライヤーの買い替えと考える方は少なく、用途が異なる2個目のドライヤーを買う感覚で、新しいジャンルのアイテムを購入する気持ちの方が購入されるケースが多いと思います。

デメリット|粗大ゴミの対象

捨てることを意識して購入する人はいないと思いますが、ビサラは多くの場合、粗大ゴミに該当するアイテムと思われます。

理由は分解した後のパーツが大きく、小型家電に該当しないこともあるからです。市区町村によって認識が変わるはずですので、気になる方は調べてみることをおすすめします。

デメリット|風向きの自由度が低い

風向きを変える自由度が低いというデメリットがあります。首を「上下」に振る動きしかできず、「下から上」に風を送ることはできません

またドライヤー本体は「左右」には回らず、左右の動きはスタンド(本体)の向きを変える必要があります。

デメリット|置き場にスペースが必要

見ての通りですが、置き場にはそれなりのスペースが必要になります。スタンド式ライトと同様なものと考えるといいかもしれません。

足元は直径23センチしかありませんが、ドライヤー部分はもう少し大きく稼働させるスペースもいるため40〜50センチほどの広さがある場所に置く必要があると考えます。

デメリット|コンセントの位置に依存する

注目度の高いデメリットかもしれません。コードは約175センチで、決して短くない長さですが、有限であることに変わりはなく、コンセントから届く範囲におかならければなりません。

延長コードを思い浮かばれた方もいると思いますが、1,100Wもの電力量が流れるため、コードに負荷がかかり危険なので絶対にやめましょう。

デメリット|倒れると故障する可能性が高い

子供がいるご家庭には注意が必要です。試したことがないので、断言はできませんが、もし倒れたら、壊れると思います。普通のドライヤーを床に落とした時と同じことが起こると思います。

一方で、なかなか倒れない構造はしているので、倒れることはあまり想定しなくてもいいかもしれません。

というのも足元のスタンド部分は、全体が重りの役割を果たしており、約3キロもの重さになっています。見た目以上に重く、何かに当たった程度では、倒れないと考えられ、倒そうとしなければ倒れないと思われます。

余談ですが、ビサラに1番驚かされた点は、ドライヤー部分ではなく、この足元の重さです。見た目以上重かったため、しっかり安全性も意識されて商品化されたことが伺えました。

デメリット|寝ながら(低い所)の送風はできない

高さ調整の中で、低さに限度があるため(MIN 90センチ)、寝ながら乾かすのは無理があるかな、という話です。

風量は強いため、寝ながら浴びても届きますが、ドライヤーを掛けている状況とは異なると考えたほうがいいと思います。

ビサラを買って後悔する人

次にビサラをおすすめできない人・買って後悔する人をテーマに紹介します。

早く乾かしたい人・急いでる人

ビサラはゆとりを持って使う人におすすめなドライヤーです。座ったり、くつろぎながらドライヤーをかけたい人におすすめなので、急いでいる人にはおすすめできません。

そのような方には、風量の強い通常の形のドライヤーをおすすめします。

風量の強いドライヤー

風量の強いドライヤーを簡単に紹介します。風速2.0メール以上が強いドライヤーと言われているので、それ以上のドライヤーを紹介します。
⬆︎タップすると表示されます。

倒してしまいそうな子供がいる家庭

先にも述べましたが、ビサラは倒れるとドライヤー部分がモロにダメージを受け、壊れる可能性が高いです。

ドライヤーは精密機械ですので、一回の失敗も許されないと思います。触らないように躾できるかが鍵になると思います。

置くスペースがない家庭

スタンド式なので、敷地面積を確保する必要があり、置くスペースがない家庭には向きません。

また、大きさからして、スタンドライトのように、どこかに片づけるようなものではなく、置き続けられるスペースが必要であることを確認しましょう。

170センチ以上の高さで使いたい方

写真をご覧の通り、高さのMAXは170センチ程度です。角度としてもこれ以上、上は当てられませんので、170センチ以下が対象になります。

とはいえ、座って使う方がほとんどだと思いますので、そんなに気にしなくてもいい点だと思います。

場所や当てる位置が頻繁に変わる方

頻繁に置く場所や高さを変える人には不向きかもしれません。スタンド式と名前が付く通り、立っているドライヤーというわけですが、これは固定式とも受け取れます。

ビサラは全体で約4キロあり、かつ大きいので動かしづらいアイテムです。また、高さ調整は可能ですが、秒でできるものではありません。

いづれの理由から、やっぱり同じ場所で同じ高さで使う人に向いているドライヤーだと筆者は考えます。

非常に強い風を求める方

動画を見ての通り、ビサラも非常に強い風を発しますが、筆者の経験上「最速レベルではない」と判断します(風速はどこにも表記していません)。

最後の振り返り(目次の再掲)

最後にこの記事の振り返りです。

以上「【口コミ】ビサラのデメリット・買って後悔する人」でした。

購読者へのお願い

まめ吉

他の記事も見てね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。