【比較レビュ】Xperia XZ3の失敗しない覗き見防止フィルムの選び方「見える角度」に違いあり

ようこそ!光マイスターのポタルです。

いきなりですが、最近は、何においても嘘の口コミが多く、買ってみたらガッカリしたという人も多いのではないでしょうか。

また、見てもないのにオススメとして紹介している人も多く、何を信じていいかわからない人も多いのではないでしょうか。

特にスマホは普及率が高く市場が極めて大きいので、その分、いい加減な口コミも多い状態にあります。

 

そんな世の中を改善すべく!

 

ここでは、私が実際に現物を確認した中でのおすすめ商品を紹介します。

今回は「Xperia」の主力のシリーズである「XZ3」に対応する「シャットアウトはもちろん、かつ、暗くなり過ぎない」覗き見防止フィルムを紹介したいと思います。

Xperia XZ3のディスプレイの特徴・サイズ

ディスプレイのサイズを確認する前にチェックしておくべきものが1つありますので、まずはそちらの紹介です。

Xperia XZ3は、docomo、SoftBank、auから販売されており、「呼び名」がそれぞれ違っていますが、どれもものは一緒ですのでご安心ください。

Xperia XZ3のディスプレイは縁が丸みがかっている

Xperia XZ3は、最近流行りのベゼルなしを意識したモデルとなっていて、左右の縁が丸みがかっている構造になっています。また、丸みがかっているところもディスプレイとなっているので、フィルムを貼る場合にはいろいろ気を使わないといけない機種となっています。

Xperia XZ3のディスプレイは約6.0インチ

Xperia XZ3のディスプレイは約6.0インチと公表されていますが、湾曲した部分も含んだ値であるということを認識しないといけません。

上の写真にもありますが、XZ2では約5.7インチとなっており、湾曲部分は含まない構造ですので、XZ3の平らな面のサイズは約5.7インチということが推測できます。

超重要!選ぶ際に気をつけるべきポイント

ここで商品を紹介するにあたり、当然に市場調査をしました。簡単にいうと、市販やネット販売されている商品のほぼ全てをチェックしました。

その中で「Xperia XZ3」用のフィルムを選ぶ際に重要となるポイントがいくつかありましたので、紹介します。

ここで紹介する商品を買わずとも、以下のポイントを押さえて検討すれば、失敗しにくい商品選びができるかと思います。

  • どこで買う?
  • 妥当な価格とは?
  • よく目にするメーカーか?
  • シャットアウトの質は確かか?
  • 辛口コメントは信用度が高い

どこで買う?

まず、購入するならどこで買うか?ですが、ネットでの購入を強くおすすめします。というかネットでしか購入できないはずです。

私は、東京の大手家電量販店(ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ソフマップ等)を現地調査しましたが、「Xperia XZ3」用の覗き見防止フィルムは、どこも取り扱いがありませんでした。つまりネット販売でしか購入できないということです。それか取り寄せですね。なので、実際のモノを見て購入したい気持ちはわかりますが、家電量販店に行っても無駄足となってしまいます。

価格は妥当か?

調査したところ、1,000〜4,000円の値幅がありました。素材の違いで、価格が変わるのは理解できますが、素材が一緒で価格が異なる場合は、メーカーとして信頼できれば、安いものを選んでも問題ないと考えます。信頼できるメーカーの技術はそこまで差がでないと考えられるからです。

2,000円以下で買えるもので十分かと思います。それ以上の値段のものとの差がよくわkりませんでしたので。

よく目にするメーカーか?

スマホのフィルム業界は、市場が大きいため参入してくる業者も多いです。ライバルも増えると質が求められ、戦えなくなる業者は消えていくのが市場の原理です。昔から目にするメーカーやいい意味で話題になっているメーカーは、そう行った面で信用力が高く、商品も良質であると考えられます。

シャットアウト度合いは確かか?

これは技術面の話です。この記事でも大々的に紹介していますが、メーカーによって見えなくなる角度に差があることがわかっています。現物で確認するか、この記事のように実際に見た時の写真で確認するしか方法はないかと思います。

辛口コメントは信用度が高い

悪い口コミは、いい口コミの何十倍も信用度が高いです。なぜなら、悪い口コミをあえて書く人は少ないからです。ライバル業者が書くのでは?と思ってしまいますが、製造者は、自分の商品が売れることが第一の目的であって、ライバルの商品が売れなくなることはあまり意味がないからです。だからこそ、ウソの良いコメントが増えるのです。購入の際は、必ず悪いコメントも確認する癖をつけましょう。

Xperia XZ3の覗き見防止フィルムのおすすめ1位は「工匠藤井」のフィルムです

一通り、商品を見ましたが、この「工匠藤井」をこのサイトでは1位とさせていただきました。ポイントとなる点を写真とともに以下に列挙しましたのでぜひ商品レビューとしてご覧になってください。特に2位で紹介する商品との比較写真は必見です。

そして、結構大事なのが「選び方」ですが、以下のような方法で選びましたので、ぜひその点も参考にしてください。

どうやって選んだのか【重要】
失敗したくなかったので、こだわりました。 まず、ネット検索をたくさんし口コミ等をチェックしました。次に秋葉原の有名家電量販店をハシゴして調査しました。正直なところXperia XZ3の覗き見防止フィルムのサンプルは存在せず、ネット情報がフィルム選びの唯一の情報源となりました。そしてその中で、絞り込んだ2つの商品を実際に購入し、いろんな項目について比較し最もイイと思ったものを紹介することにしました。

正直最後に残った2つの商品は、人のこだわりによって好みが変わると思いましたので、この記事では各項目についてコメントしたので、よく吟味くださいませ。

価格は妥当か?

一番大事なお金の話からしたいと思います。

この商品は2,000円以下で購入でき、相場や他の機種と比べても妥当な範囲だと言えます。中には4,000円を超えるものもありますが、口コミを見る限り、満足度は明らかに低そうなので、筆者は検討対象から早い段階で外します。

価格は変動することもあるので、詳細は購入ページでご確認ください。

 

湾曲画面にフィットする?

みなさんご存知の通り、Xperia XZ3本体のディスプレイは両脇(左右)が湾曲した形状をしています。このフィルムもそれに合わせて湾曲した構造になっています。

筆者はXperia XZ3を持っていないため、家電量販店のサンプルで装着試着してみましたが、このフィルムはその画面にフィットする形状となっており、ディスプレイを全て覆う形になるので、フィルムをしたところで画面の触りごこちは変わりませんでした。

ただし、あらかじめ知っておきたいポイントもあるので、ここで解説しておきます。

上の写真で示した通りですが、湾曲したフィルムは左右の縁にしか粘着剤が付いていません(平らな面にも何かついていますが、滑り止め程度のものです)。つまり、貼り方をミスすると平らな面が画面と離れてしまう現象(気泡が入る)が起きてしまうことになります。

でも大丈夫!この商品は、貼り方を失敗しない万全の対策が用意されています。

偶然ですが、貼り方動画も商品会社が出しているので必ず一度はチェックして起きましょう。

貼りやすい?

嘘のように聞こえるかもしれませんが、超貼りやすいです。なぜなら、補助フレームが付属しているからです。

このフレームがあれば、ほぼ失敗しないでしょう。むしろ失敗する理由が見当たらないです。

下の動画は公式動画です。

指紋は目立つ?

このフィルムはガラス製で、黒みがかっていますが、特別指紋が目立つというわけではありません。黒い以上、透明よりも指紋がわかりやすきくなりますが、一般的な範囲かと思います。

 暗くならない?

結論からいうと、どうしても暗みがかります。ですが、見にくくなるほどではないです。

フィルム単体でみると黒いですが、下の写真で確認できるように画面を通してみると黒さは目立たなくなります。筆者は他の覗き見防止フィルムをたくさん見てきていますが、標準レベルといった具合です。

iPadの画面をフィルムを通した写真です

シャットアウトの程度は?

1番求められる機能かと思いますが、しっかりシャットアウトしてくれます。右30°左30°の計60°以内は見える設計になっており、これも一般的なレベルであり不満を持つ人は少ないことでしょう。

「しっかり」シャットアウトしてくれるといいましたが、それには理由もあります。それは、他と比べたときにわかりました。

第2位で紹介するフィルムと比較した時にわかったのですが、商品によって見えなくなる角度が異なり、ここで紹介する「」は見えなくなる角度が早いということがわかりました。(大抵の種類は右30°左30°の計60°と記載されていますが、同じ表現でも実態には差があるようです)

下の写真は状況が同じになるようにフィルムを縦に並べたときのものです(フィルムされてないところも見せるために大きい画面のiPadを使用しています)。

右側が1位の「工匠藤井」

初めは正面からスマホを見て、徐々に角度をつけていったところ、「工匠藤井」のほうが暗くなるのが早いことがわかりました。

決してどちらが優れているとは決めつけることはできず、人の好みによって良し悪しが決まりそうです。

見える角度が狭い方を好む人は1位の「工匠藤井」を、見える角度が広い方を好む人は2位の「MiiKARE」を選ぶといいかもしれませんね。

Xperia XZ3の覗き見防止フィルムのおすすめ2位は「MiiKARE」のフィルムです

ここでは、2位の「MiiKARE」を紹介レビューします。

(実物を見て感じましたが)ぶっちゃけ、1位で紹介した「工匠藤井」とほとんど同じ商品です。

形も大きさもほぼ同じで、同じ商品なのでは?と思ってしまうほどです。

唯一違うのは、上でも紹介した通り、「見えなくなる角度」が異なることです。

「工匠藤井」とほぼ同じものですが、せっかく現物があるので、写真付きで簡単に以下にレビューします。

湾曲画面にフィットする

1位として紹介した「工匠藤井」と同じようにフィルムの両脇(左右)がディスプレイに合わせて湾曲しています。

指紋は目立つ?

このフィルムもガラス製で、黒みがかっていますが、特別指紋が目立つというわけではありません。

 暗くならない?

写真を見ていただいた方がわかりやすいと思うので、下の写真を参考にしていただければと思います。そこまで暗さが目立つという話ではなさそうです。

以上、2位「MiiKARE」の簡単なレビューでした。だいぶ省きましたが、説明する意味がないほど1位の「工匠藤井」と似た商品でした。

最後に。

繰り返しになりますが、最後に「Xperia XZ3」の覗き見防止フィルムを選ぶ際に重要なポイントをおさらいします。

  • どこで買う?
  • 妥当な価格とは?
  • よく目にするメーカーか?
  • シャットアウトの質は確かか?
  • 辛口コメントは確認したか?

以上のポイントをしっかりチェックして購入しましょう。

 

以上「【比較レビュ】Xperia XZ3の失敗しない覗き見防止フィルムの選び方「見える角度」に違いあり」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です